なぜYOSHIKIは映画『We Are X』の試写会で世界を駆け回っているのか?

X JAPANの波乱の半生を描いたドキュメンタリー映画『We Are X』の快進撃が止まらない。現時点(2016/10/21)で日本での公開時期は未定だが、海外では2016年1月のアメリカ・サンダンス映画祭での最優秀編集賞を皮切りに、3月にはテキサスのサウスバイサウスウエストでも最優秀オープニングタイトルデザイン賞を受賞。以後、世界中からオファーが殺到し、YOSHIKIは映画『We Are X』のプロモーションの為に世界各地を駆け回っている。

そんな精力的にプロモーションを続けるYOSHIKIだが、2016年10月21日付の公式LINEで
img_29101

と珍しく弱気な発言をした。最近では「YOSHIKIチャンネル」でも同様の発言があり、精神的にも肉体的にも限界が近づいているように見受けられる。

それもそのはず、YOSHIKIは『We Are X』の試写会関連イベントでわかっているだけでも、サンダンス~テキサス~香港~シアトル~上海~モスクワ~メキシコ~ロサンゼルス~サンフランシスコ~ニューヨーク~ロンドン~ハリウッドなど世界を縦断。その合間に日本では「YOSHIKI ディナーショー」「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016」「YOSHIKIMONO ファッションショー」など様々なイベントが開催され、

「朝起きたら毎日違う国にいる(YOSHIKI談)」

と語るほど殺人的なスケジュールとなっている。

ファンからすると「そんなに大変なら試写会のオファーを受けなければいい。」と思うだろう。確かにYOSHIKIがわざわざ行かなくても試写会は出来るし、本映画の監督を務めたステファン・キジャック氏が代わりにインタビューに答えることだって可能だ。

しかしYOSHIKIはオファーがあれば世界のどこでも、必ず足を運び、チャンスがあれば会場でのピアノ演奏はもちろん、モスクワではドラム演奏まで引き受けている。なぜここまでして、YOSHIKIは世界各地で『We Are X』のプロモーションをしているのだろうか?

「世界中の人にX JAPANの物語を知ってほしい。」その使命感はもちろんあるだろう。
「興行的に成功したい。」そう思うのも当然だ。
「賞レースに参戦するため。」もし賞が獲れればこれほど名誉なことはない。

しかしYOSHIKIが限界を超えてまで、『We Are X』のプロモーションを敢行するのは、もっと特別な理由があるはずだ。その理由は『We Are X』の当初の公開スケジュールから読み解ける。

元々『We Are X』は、2016年3月に英:ロンドンでの「ウェンブリー・アリーナ公演」で初めて上映されるはずだった。「ウェンブリー・アリーナ公演」で大成功を収めたX JAPANは映画『We Are X』と新アルバムを引っ提げ、2016年は世界ツアーを回る。これが当初に考えられていたX JAPANのシナリオだ。

※時系列的には2016年1月にアメリカ・サンダンス映画祭が初演だが、この時点で「ウェンブリー・アリーナ公演」の延期は確定しており、急遽オファーのあったサンダンス映画祭への参加を決めたと推察される。

しかしPATAの急病により、やむなく公演は1年後に延期され、その後に予定されていた世界ツアー構想はなくなった。ここまで言えばわかるだろう。

つまりYOSHIKIにとって

『We Are X』の世界プロモーションは、『X JAPANの世界ツアー』そのものなのだ。

不運にも果たされなかった2016年の世界ツアーを、X JAPANのリーダーYOSHIKIが責任をもって完遂する。そんな並々ならぬ決意が、今のYOSHIKIを突き動かしている。そう考えることはできないだろうか。

なるべく多くの会場でピアノ演奏を行いファンの期待に応える。行った先でのメディア対応は1件でも多く引き受ける。その姿勢は2010-11年に行われたX JAPAN世界ツアーと全く同じ状況だ。

当時と違うのはそこにX JAPANのメンバーがいないこと。メンバーがいたから乗り越えられた世界ツアーも、今はYOSHIKI一人しかいない。YOSHIKIの「孤独なX JAPAN世界ツアー」ともいうべき今の状況は、YOSHIKI本人にとって計り知れないプレッシャーとなり、それが弱気な発言に繋がっていると考えられる。(事実、過密スケジュールだった2010-11年の世界ツアー開催中には弱気な発言は一切なかった)

だからこそ我々、日本のファンは祈ろう。『We Are X』の世界プロモーションが無事完遂できることを。孤独な世界ツアーを回るYOSHIKIに少しでもその思いが伝わるように。そして、その先に必ず訪れるであろう「X JAPANメンバー全員」での世界ツアーの成功を。

なぜYOSHIKIは映画『We Are X』の試写会で世界を駆け回っているのか?
X JAPANの魅力を発信するメディア‐XMEDIA‐の最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
XMEDIAのレクタングル(大)
スポンサーリンク
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※本メディアの内容の一部または全部を無断転用することを固く禁じます。
スポンサーリンク
XMEDIAのレクタングル(大)

コメント

  1. AL より:

    メンバーいなくて孤独?
    X JAPANの物語といいつつ実質YOSHIKI物語だから自分しかプロモーション出来ないんでしょ

  2. えいこ より:

    世界中駆け回っているのは、HIDEとTAIJIの物語も、一人でも多くの人に知って欲しいっていう、YOSHIKIの気持ちも私たちは知っている。

  3. みや より:

    よっちゃん、とことんやりたいんだね。その思いの丈に涙が出る。クラシカルツアー(4Days!)も含め、すべて何とか無事に終えてほしいと、ただただ祈るばかり。

  4. ぴろ より:

    ファンのために
    駆け回っているなら
    ファンを心配させる言動をするとか弱すぎると思う。
    今日友達に無理やり見に連れて来られたけど
    全身痛いし辛いことがあったけど
    頑張る僕えらいでしょ?
    みたいな映画で
    自分を見て!かまって!が強い人なんだなと思いました。
    本当にすごい人は
    手が痛いとか言ったり、治療する映像は見せないでしょう。