YOSHIKI未発表曲特集:タイアップ編その①

YOSHIKIがこの世に生み出した楽曲の中には、正式に音源化(発売)されていない楽曲が数多く存在します。普通のアーティストであれば、映画やドラマ、CMなどのタイアップ曲は、音源化されることが当たり前ですが、YOSHIKIの場合は発売されないケースも少なくありません。

そこで本記事では過去にYOSHIKIが製作した楽曲で、メディアタイアップがあったにも関わらず、音源化されていない楽曲を年代順にまとめてみました。

(抜け漏れあればコメント欄で教えて頂ければと思います)

Sane(Violet UK)
提供先:映画『イン・ゴッズ・ハンズ』(1998)

YOSHIKIのソロプロジェクト「Violet UK」の記念すべき初タイアップ楽曲でしたが、X JAPANにとって98年は衝撃的なことが多すぎて、「Sane」の楽曲提供自体ほとんど話題になることはありませんでした。YOSHIKI自身も「Sane」に関しての発言はほぼなく、YouTubeなどでも音源を見つけることができない幻の楽曲です。

BLUE SKY HEAVEN
提供先:日本テレビ系情報番組「ズームイン!!SUPER」(2009)

本楽曲は「ズームイン!!SUPER」のお天気コーナーのテーマ曲として、YOSHIKIが書き下ろしました。当時はファンの間で「YOSHIKIがお天気コーナー?」「青空・・なんか違う」と色々な意味で話題になりましたが、その後、いつの間にかテーマ曲は変わり、2016年現在まで発売されていません。

愛する人よ
提供先:日本テレビ開局55年記念ドラマ「東京大空襲」(2008)

YOSHIKIソロでは初のドラマエンディング曲として2004年に放映されました。ボーカルに秋川雅史を迎えた異色のコラボでしたが、YOSHIKI節は顕在。劇中ではもう1曲、YOSHIKIソロ曲である「Unnamed song」も挿入歌として使われており、ドラマの内容はさておきファンはTVの前に釘づけとなりました。

その後、TOSHIがソロとして同楽曲をカバーしており、そちらは「 Toshl Feat. YOSHIKI ‎– クリスタルピアノのキミ 」に収録されています。個人的にはTOSHIのカバーのほうがオススメです。

Confusion(Violet UK)
提供先:セブン-イレブン・ジャパン CMタイアップ(2000)

The Other Side(Violet UK)
提供先:セブン-イレブン・ジャパン CMタイアップ(2000)

Blind Dance(Violet UK)
提供先:セブン-イレブン・ジャパン CMタイアップ(2001)


上記3楽曲は「セブンイレブンCMシリーズ」としてファンの間で語り継がれている作品です。楽曲提供だけでなく、CMにはYOSHIKI本人が出演し、「これはセブンイレブンのCMなの?」と思ってしまう内容とクオリティを誇っています。

当時のYOSHIKIは、日本で普及が始まりつつあったインターネットにいち早く注目し、ネットを介した、初のオフィシャルファンクラブ「YOSHIKI.NET」を立ち上げています。
セブンイレブンでは「YOSHIKI.NET」の告知が大々的に行われ、もはや「YOSHIKIのプロモーションにセブンイレブンがスポンサードしてます」状態になっていました。

入会した会員には様々な特典が用意され、今では当たり前となっているCMのメイキング映像の配布や、画像配信などを実験的に行うなど、当時としては革新的なサービスを提供する予定でした・・が。

「YOSHIKI、いよいよ本格始動か?」とファンの期待は膨らみましたが「YOSHIKI.NET」は数年後に終了し、これらの楽曲も発売されることはありませんでした。今思えば「YOSHIKI.NET」は時代を先取りしすぎたサービスだったといえるでしょう。

しかし、この時の経験があったからなのか、その後のYOSHIKIは、My SpaceやTwitterといったSNSサービスをいち早く取り入れ、ネットを重視した情報発信戦略が見事に成功しています。

YOSHIKI未発表曲特集:タイアップ編その②に続きます。

YOSHIKI未発表曲特集:タイアップ編その①
X JAPANの魅力を発信するメディア‐XMEDIA‐の最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
XMEDIAのレクタングル(大)
スポンサーリンク
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※本メディアの内容の一部または全部を無断転用することを固く禁じます。
スポンサーリンク
XMEDIAのレクタングル(大)