YOSHIKIがHYDEに重ねたHIDEの面影

「余りに忙しくて周りが見えなくなっていた。今回の経緯は自分が最初に説明すべきだった。先に情報が出てしまいファンを混乱させてすみません。」

「X JAPAN feat. HYDE」から端を発した今回の「RED SWAN」ボーカリスト騒動。YOSHIKIは7/20のYOSHIKIチャンネルで今回の件を謝罪し、楽曲の名義が「X JAPAN feat. HYDE」改め「YOSHIKI feat. HYDE」になることを発表した。

去年の年末から殺人的なスケジュールをこなす中、「進撃の巨人」主題歌のオファーを受けたYOSHIKIは、自身が作品のファンということもあり、なんとしてでも形にしたいと強行スケジュールでレコーディングを進めていたに違いない。(7/20時点で楽曲はまだ完成しておらず現在進行中とも言っていた。)

当然Toshlのボーカルを前提としてレコーディングは進められていたが、「なかなかToshlと歌入れのスケジュールが合わなかった」とYOSHIKIは弁明した。お互い多忙の中、スケジュールを調整しきれなかったことは悔やまれるが、ここで白羽の矢が立ったのがHYDEだった。

締切が迫る中、ボーカリストを変えてでも楽曲制作を強行したYOSHIKI。まさかその判断がここまでファンの間で物議を醸すとは思いもよらなかったはずだ。しかしなぜYOSHIKIはギリギリの状況だったと言えども、X JAPAN名義の楽曲をHYDEにオファーしたのだろうか?少し冷静に考えればあり得ないオファーだろう。この発表を耳したToshlが困惑するのも当然だ。

YOSHIKIはこれについても、前々からHYDEと「なにか一緒にやりたいね。」と話していたというが、敢えてこのタイミングで実行する理由にはならない。そこにYOSHIKIの本音が隠されているのではないか。ここからは筆者の想像なので読まれる方は、気を悪くしないでほしい。

YOSHIKIはどこかHYDEにHIDEの面影を感じた。そうHYDEとHIDEは似ているのである。

それは顔が似ているとか、本名が同じ「秀人」だからとかそういうことではない。自分の音楽で、自分のスタイルで世界の壁をこじ開けようとしている。今この瞬間も世界に向かって挑戦し続けている。そんなHYDEの音楽に向き合う姿勢は、海外進出を夢見ていたあの頃のHIDEと重なった。

HIDEの夢はYOSHIKIの夢でもあった。二人の夢は、HIDEがこの世を去ったとき、YOSHIKIが背負い続ける「宿命」となった。YOSHIKIは常々自分に言い聞かせるように答える。

「X JAPANを世界で成功させたい理由?それはHIDEとTAIJIの偉大さを世界中に広めるため」

亡きメンバーの夢を背負うYOSHIKIにとって、同じ夢を持つHYDEとの交流は、あの時HIDEと語り合った夢を鮮明に蘇らせたに違いない。まるでHIDEがそこにいるように・・

「いつだってレコーディングはとても孤独なんです。。。」YOSHIKIが今日のインタビューで漏らした言葉だ。TVを付ければバラエティ番組に出演しているToshlの姿が映る。他のアーティストの楽曲を少し照れ臭そうにカバーするToshlを見て、どこかYOSHIKIは寂しかったのかもしれない。

もちろんYOSHIKIのToshlへの想いは変わっていない。「HYDEとレコーディングしてた時『Toshlさんに対する愛情すごいですね』と言われとても嬉しかった」と照れ臭そうに喋っていた。

「日本で楽しくやれればいい」「いや世界を目指すべきだ」。そんな思いとは裏腹に、様々な葛藤がYOSHIKIを混乱させる。「少し小休止してX JAPANが何をすべきなのか考えようかな。」YOSHIKIはインタビューの後半、そう言って少し上を向いた。海外進出という同じ夢を持つHYDEと、日本で「ロックミュージシャン兼バラエティタレント」というポジションを確立しようとしているToshl。どちらが良い悪いの話ではない。今のYOSHIKIにとって何が必要で、何が重要だったのか。

YOSHIKIの本音は「X JAPAN feat. HYDE」という当初に発表された楽曲名義に集約されている。

YOSHIKIがHYDEに重ねたHIDEの面影
X JAPANの魅力を発信するメディア‐XMEDIA‐の最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
XMEDIAのレクタングル(大)
スポンサーリンク
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※本メディアの内容の一部または全部を無断転用することを固く禁じます。
スポンサーリンク
XMEDIAのレクタングル(大)