それでもYOSHIKIがソロでX JAPANを演る理由

年初の予想通り、2020年はX JAPANとしての活動は皆無だった。コロナがあったとはいえ2018年に幕張メッセで行われた無観客ライブ以来、実に2年半近く活動がない。それに対してメンバーからは明確な説明もないし、今後の活動見込みもない。なぜなのか?

2020年の最後に今X JAPANが置かれている状況について考察してみたい。

X JAPANとはYOSHIKIのバンドで、すべての主導権をYOSHIKIが握っているように思える。しかし活動のカギを握っているのはいつだってボーカルのToshlなのである。YOSHIKIとほかの3人のメンバーが揃ってもX JAPANにならないが、ToshlとYOSHIKIの2人が音を奏でればX JAPANは成立する。契約の問題とか、タイミングが合わないとか、複雑な問題が複数あるとか、様々な理由をつけてX JAPANが活動できない理由を掻き立てるメディアはあるが、話はもっとシンプルで、要はToshlが「やろう」といえばX JAPANは動くし、Toshlが乗り気でなければX JAPANは動かない。97年の解散の引き金はToshlの脱退だったし、X JAPANが復活して長期的に活動できているのもToshlが洗脳から脱却できたからである。

SUGIZOやHEATHが「そろそろLIVEがしたい」「X JAPANも動き出しましょうよ」とYOSHIKIに言っても、今のYOSHIKIには頷くことしかできない。今後X JAPANとして活動できるかどうかはリーダーのYOSHIKIではなくToshlが握っている。ここ数年の活動停滞は「Toshl待ち」の状態が続いているためである。

ではなぜToshlはX JAPANを「やろう」と言わないのか。その原因を作ったのもまたYOSHIKIなのではないか。理由はあれど「RED SWAN」でHYDEをボーカルに起用したこと、海外フェス「Coachella 2018」でX JAPANとしての出演のはずがマリリン・マンソンに歌わせたこと、Toshlの「洗脳騒動」をネタにしすぎたこと、そしてNEWアルバムにToshl以外のボーカリストを参加させていること。(この件については過去のインタビューでYOSHIKIが「大物アーティストが参加している」といっているが、今の状況を考えるとNEWアルバムに参加させるのは「白紙にした」可能性が高い。)

Toshlからすれば、YOSHIKIが何を考えているのかよくわからないだろう。すべてはXのためと言いつつ、ボーカリストとしての自分を軽視しているように思えてしまう。もっとYOSHIKIは早いタイミングでToshlと今後のX JAPANの活動について、しっかりと話し合いをするべきではなかったか。

一方でここ数年のToshlは、もはやX JAPANのボーカリストとしての後ろ盾が必要なくなっている。ソロ名義である「龍玄とし」としての活動は大きな成功を収め、龍玄としのファンの中には、X JAPANのToshlを知らない人もたくさんいる。XのToshlではなく、ソロのToshlを見たいというファンが増えれば増えるほど、そしてそれが話題になればなるほど、X JAPANとして活動することはToshlにとっては、もはやマイナスなのである。

「まだ世界進出も道半ばだし、アルバムだって出してない。」X JAPAN側から見たらそういう声もあるだろうが、Toshlはいまさら世界進出にも興味がないし、アルバムだって歌撮りはすべて終わっているので、これ以上自分がX JAPANに関わる理由がない。龍玄としの活動のほうが楽しいし、今のToshlを受け入れてくれるファンがたくさんいる。2007年に復活した当時はまだToshlは洗脳状態で「カネのために復活を命じられた」と自著の中で語っているが、今は金銭面で困っているわけでもない。だからビジネスとして割り切ってX JAPANを続ける必要もない。そして何よりもYOSHIKIの真意がよくわからない。

アルバムさえ出れば潮目が変わるという人もいるかもしれないが、今アルバムが出せない理由は大きく2つあると考えられる。

①海外ではロックは既に「終わった」ジャンルであり、今X JAPANがアルバムを出しても、実力関係なく世界進出は失敗に終わる可能性が高い。だからこそYOSHIKIは、NEWアルバムの中で大物アーティストとコラボしたり、海外でも人気のアニメ「進撃の巨人」の主題歌を引き受けたり、マリリン・マンソンと共演したり、ハリウッド映画の音楽プロデューサーを引き受けたりと、とにかくX JAPANとして話題性を作ろうと考えた。しかしそのほとんどはX JAPAN名義ではなくYOSHIKI名義になってしまった。

②皮肉なことに上記のように海外進出の戦略を突き詰めれば詰めるほど、Toshlとの距離は離れていった。今アルバムを出してもToshlが「やろう」といわない限り、X JAPANとして活動することができない。アルバムを出してもXJAPANが活動しなければ、それこそ世間に「X JAPANの終わり」を印象付けることになりかねない。

X JAPANの再結成のシンボルであり、世界進出のために作ったアルバムだったはずなのに、いまや「何のために作ったアルバムなのかわからなくなっている」というのが本音だろう。普通のアーティストであれば金銭面や契約面で「アルバムを出さざる得ない」状況もあるだろうが、YOSHIKIもソロで十分すぎるほど成功しているし、X JAPANはレコード会社に所属してない。無理にアルバムを出す理由は一つもないのである。

考えれば考えるほど絶望的になる。X JAPANが次のステージに進むためにはどうしたらいいのか。今年筆者はずっと「今後もX JAPANが活動する理由」を考え続けた。考え抜いた結果、それは「ファンの切実なる声」しかないのではないかと思う。

どんな状況であってもファンはX JAPANを信じている。八方塞りの中、そこにしか光がないとYOSHIKIも知っている。だからこそYOSHIKIは今年の紅白で敢えてソロで「ENDLESS RAIN」を披露することに決めたのではないか。ファンの間では「なぜX JAPANで出演しないのか?」という声が不満の爆発した。こうなることはYOSHIKIは予想できたはずだ。「X JAPANの活動を待ち望んでいる」ことをYOSHIKIはファンを通じて伝えたかったのではないか。誰に?言うまでもないだろう。

そんな回りくどいことしなくても、素直に言えばいいのにと思うかもしれないが、二人の関係は直接会話ができなほどに冷え切っているのではないか。とにかくX JAPANが活動するための理由がほしい。世界進出もNEWアルバムも活動理由にならない今、ファンが声を挙げるしかない。せめて「ファンのために」YOSHIKIとToshl、二人がステージに立ってほしい。

今年の紅白は様々なアーティストと一緒にENDLESS RAINを歌うそうだ。私たちファンも一緒に歌おう。その声が届くことを祈って。。

それでもYOSHIKIがソロでX JAPANを演る理由
X JAPANの魅力を発信するメディア‐XMEDIA‐の最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
XMEDIAのレクタングル(大)
スポンサーリンク
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※本メディアの内容の一部または全部を無断転用することを固く禁じます。
スポンサーリンク
XMEDIAのレクタングル(大)

コメント

  1. 麻布十番 より:

    筆者さんのバンドに対する愛を感じました。
    しかし、『Toshlが乗り気でなければX JAPANは動かない』
    は間違いだと思います。
    事実として、2018年のルナフェス、Toshlは「出ると(XJAPANマネジメントに)伝えていた」と言っていました。
    ふたを開けてみれば、ルナフェスはYOSHIKI単独出演でした。
    Toshlがやる気でもXJAPANは動かない。Toshlの意向は反映されないのですよ。
    HEATHだって同じ。YOSHIKIチャンネルで、HEATH「コンサートやりたい」と言っていましたが、意見は通らない。

    全てYOSHIKIが決めているんではないでしょうか